2010年03月19日

消火器で消せなかった…札幌火災で当直職員(読売新聞)

 札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で7人が死亡した火災で、当直勤務だった女性職員(24)が出火当時、「消火器を使って火を消そうとしたが消せなかった」と話していたことが15日、捜査関係者への取材でわかった。

 札幌北署は、女性が出火を確認したときはすでに火が燃え広がっていた可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者によると、出火当時、女性職員は火元とみられるストーブが備え付けられている1階居間を離れ、入居者のおむつを交換していたという。出火に気付き、施設内に備え付けてあった消火器を噴射したが、火の回りが早かったため、自力での消火をあきらめ通報したとみられる。女性職員はのどに重いやけどを負い入院している。

 同施設の当直勤務は職員1人で行っており、当日も女性職員は居間にいながら必要に応じて入居者の部屋を巡回するなどして介護をしていたとみられる。同署は女性職員の回復を待って事情を聞く方針。

在留資格「医療」の新規入国外国人は6人(医療介護CBニュース)
<たまゆら火災>彩経会のNPO法人認証取り消し 群馬県(毎日新聞)
「情報ダイヤル」を廃止=名称誤解され、機能せず−消費者庁(時事通信)
<札幌7人焼死>5人目の身元を確認 74歳の女性入所者(毎日新聞)
<三浦和義元社長>自殺は「事件にせず」最終報告(毎日新聞)
posted by オオオカ イサツヅ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<学力テスト>中学教諭が点数改ざん「成績悪くて…」 福島(毎日新聞)

 福島県いわき市の市立磐崎(いわさき)中学校(新妻和之校長、生徒数406人)の男性数学教諭(52)が、2月に実施された市中学校長会主催の学力テストを採点した際、1年生約60人の答案を書き直したりして、点数を不正につり上げていたことが分かった。教諭は「成績が思っていたよりも悪く、やってしまった」と話しているという。福島県教委は、中学からの報告を受け次第、教諭を処分する方針。

 テストは学習到達度をみるため、2月2日、全市立中44校で5教科実施された。

 磐崎中によると、解答を返却した同4日、数学について1年生から「自分の字ではない字で解答が書かれている」「答えを書かなかったのにマルがある」などの指摘があった。学校が全4クラス115人の解答を調べた結果、約60人で1人1〜4問の誤答や無解答が正答に直されていた。

 教諭は改ざんを認め、学年集会で「申し訳ないことをした」と謝罪したという。新妻校長は「一生懸命テストを受けた子供たちにすまない」と話した。【神保圭作】

景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正−月例経済報告(時事通信)
<違法献金>小林議員から参考人聴取 札幌地検(毎日新聞)
<中村耕一容疑者>大麻やコカイン、自宅から押収(毎日新聞)
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正−月例経済報告(時事通信)
<強盗>牛丼店で25万円奪われる 愛知・半田(毎日新聞)
posted by オオオカ イサツヅ at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。