2010年04月01日

緊急列車停止装置を外して列車を運行、JR西日本(産経新聞)

 JR西日本が平成21年度、運転士に異常を知らせる緊急列車停止(EB)装置が機能しない列車を3編成運行していたことが31日、分かった。20年度にも1編成運行しており、いずれも事故はなかったが連絡ミスなどが原因で、同社は「再発防止に努める」としている。

 同社によると、このうち1編成は昨年12月18日から今年1月4日、片町線や福知山線などを運行。車両点検の際にEB装置が一時的に外されたが、再度設置しないまま運行させたという。作業員の間で検査内容を引き継いでいなかったことが原因とみられるという。

 今年1月と昨年5月には山陰線で、同装置が稼働しない列車を運行。うち1件は車両を改造工事した際の配線ミスが原因という。

 同装置は、運転士が居眠りや急病などで1分間、運転操作をしなければブザーが鳴る。福知山線脱線事故では、運転士が一時、運転操作をしていなかったとみられ、国土交通省が省令を改正して導入を義務づけた。

【関連記事】
元JR西相談役の井手氏が横綱審議委員を辞任 
3社長強制起訴 再発防止につなぐ審理を
徹底した経費削減、設備投資圧縮 JR西、事故の背景に「独善的経営」
高架に車衝突情報、点検で大阪・環状線乱れる
JR西の元専務が遺族らに謝罪 4・25ネットワークの例会で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

足利事件 捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価(毎日新聞)
がけ下に頭部のない女性遺体=スーツケースに入れられ−石川県警(時事通信)
「ADLIB」37年の歴史に幕 音楽雑誌「冬の時代」続く(J-CASTニュース)
首相動静(3月23日)(時事通信)
沖縄・鳥島と久米島の射爆場、米に返還要求へ(読売新聞)
posted by オオオカ イサツヅ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。